リノベーションでお気に入りの部屋に

自分らしさを追求したリノベーション

新築に負けないリノベーションしたマンション

新築に負けないリノベーションしたマンション 近頃は新築マンションを購入しようと考える際に、リノベーション物件を視野にいれる人が増えています。
リノベーション物件とは、大家の空室を出来るだけ埋めたいというニーズと、綺麗な部屋に住みたいという住人のニーズを叶えるために行う大規模な改修工事のことをいいます。
ではなぜリノベーション物件を選ぶ人が増えているのか。その背景には、主に立地があります。新築マンションが建てられる場所はもちろん、土地がないと意味がありません。
既存の建物があると建てることが出来ないため、新築物件はどんどん都市の中心部から離れた位置に建たざるをえないのです。自分が希望する居住エリアでの物件探しは非常に苦労します。
特に都市の中心部では希望する居住エリアに物件がなく、当初の予定よりも妥協して場所を決めている人がたくさんいます。
ですがすでに良い立地を確保しているマンションであればどうでしょうか。昔こぞって建てられた公団などを、ひとつの家具屋の商品でまとめ、お洒落に改装して売りに出したりしているところもあります。
今あるものを最大限に活かし、新築よりも値段が安く、同様の新しさがあり、デザインが優れている。すぐ住むことが出来ますし、立地も選ぶことができるという魅力があります。

自分らしさを追求したマンションのリノベーション

自分らしさを追求したマンションのリノベーション 近年、主流になりつつある住宅のリノベーションは、戸建て住宅のみならず、マンションでも行われています。
住宅を改修するという方法は、長く住宅を使っていくという発想から生まれたものです。
建物には大きく二つに分けることができ、スケルトン(躯体)とインフィル(内装)に分けることが出来ます。これは戸建て住宅もマンションも同様です。
しかし、戸建て住宅の場合ですと、ある程度スケルトン(躯体)の部分に手を加えることが可能ですが、マンションの場合は手を加えることが出来ません。よって、インフィル(内装)のみで勝負することになります。
リノベーションをするなら、独自の自分らしさを追求した仕上がりとしたいものです。自分らしさを追求するとしたら、内装材に拘るのも良いですが、空間の構成を変えてみるのもひとつの方法です。
例えば可動間仕切りの設置です。
空間を開放したり閉鎖したりすることで、同じ空間でも二つの表情を楽しむことが出来ます。人が大勢来る時は空間を開放したり、プライバシーを確保したい時は間仕切りを閉めて部屋を分断させたり、使用目的に応じて空間構成を変えることが出来ます。
また、少しの高低差をつけることも空間にアクセントを与える上では効果的です。
このように、マンションのリノベーションにおいても、自分らしさを追求することは可能なのです。

リノベーションに関するお役立ちリンク

京都のリノベーション・リフォーム会社のサイト

リノベーション 京都